SEO対策Search engine optimization

本気でSEO対策に
取り組むお客様へ

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの
頭文字をとった言葉で、日本語にすると
検索エンジン最適化となります。

日本の検索サイトといえば、メインはYahooとGoogleです。この2つで対策がしっかりできていれば良いということになります。最近はYahooの検索エンジンはGoogleのシステムを借りて使っているので、GoogleのSEO対策ができていればYahooのSEO対策も同時にできたことになる訳です。

SEO対策 イメージ図

(2016年現時点)SEO対策

今年のSEOは、過去に比べより本質的になって来ると言われています。本質というのは、Googleが目標としている検索結果に近づいているということです。
以前からGoogleは、ユーザーが入力した検索キーワードに対して、より良いコンテンツを検索結果で表示することを目標としています。

単純に被リンクをつければ検索順位が上がる時代は終わり、被リンクを集めることに加え、検索キーワードとマッチした自然で質の高いコンテンツを用意する必要があります。

SEO対策で必ず結果を出す

それにはGoogleのアルゴリズムの把握と目指すべきゴールをしっかりと見据える事が重要です。

Google が掲げる 10 の事実

  • 1 ユーザーに焦点を絞れば、
    他のものはみな後からついてくる。
  • 2 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  • 3 遅いより速いほうがいい。
  • 4 ウェブ上の民主主義は機能します。
  • 5 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  • 6 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  • 7 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  • 8 情報のニーズはすべての国境を越える。
  • 9 スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  • 10 「すばらしい」では足りない。

Googleの理念からも分かる通り、SEO対策とはユーザーのニーズに向き合うことが大切です。

誰のため・何のためのコンテンツなのかをしっかり念頭に置いて対策して行く事が、
SEOで成果を出す一番の近道とDIAは考えています。

SEO対策で結果を出す第一歩はキーワードを知る事です。

  • ユーザーニーズの理解
  • SEO対策の順線順位付け
  • 上位表示したときの想定流入アクセス数
  • 上位表示したときの想定売上額

SEOの内部対策、
外部対策をしっかりと行う

SEOを行って上位表示を実現するためには、内部対策、外部対策、コンテンツ対策が必要となってきます。
最近はコンテンツが重要と言われていますが、内部対策、外部対策も引き続き重要です。

のSEO対策で本気で結果を出したいお客様は
お問い合わせください!

PAGE TOP